四万十大正あゆまつりの火振り漁 - 2017

前年に初めて見た(こちら)四万十町大正の火振り漁の実演を見に行きました。

DSC09858 (1) -

第15回四万十大正あゆまつりの火振り漁実演、2017年8月20日
カメラは、ソニーα57、1855(50ミリ)、F8、WBオート、ISO100、BULB3秒、トリミング

小船に乗って松明(たいまつ)の火を振りながら鮎を網に追い込んでいく漁だそうで、その火が円を描いたり8の字を描いたりするところがきれいです。横一直線に振る人もいるんですけど。

きれいな円を描いたところを撮るぞ、と意気込んでいたんですが、なかなか難しいです。


前年に初めて行った時は、おそらく午後6時半ごろ会場に到着、すでにカメラの三脚がずらっと並んでいて入り込む隙間もなく、列の最も川上側の端っこに三脚を立てました。結果、悪い場所ではなかったんですけど。
今回はもっと早く行くぞ!ということで午後4時ごろ到着。でも、やっぱり三脚がずらっと並んでいて、結局は列の川上側に三脚を立てました。火振り漁開始の午後7時までひたすら待つ。

以下、時系列順に。

DSC09844 (1) -

DSC09845 (1) -

DSC09846 (1) -

DSC09849 (1) -

DSC09851 (1) -

DSC09855 (1) -

火振り漁の小船は3往復すると思いますが、松明(たいまつ)の火を振るのは、2往復目の上りと下りの時だけです。しかも、自分の前付近を通る時の短い時間が全てですから、シャッターチャンスが限られます。
さらに、自分はカメラのノイズリダクションをオンにしていたので、写真を1枚撮ると次の写真を撮れるまでに何秒も待つことになり、シャッターチャンスをかなり逃していると思います。

それにしてもきれいな円や8の字は難しいです。

DSC09843 -

昼間はちびっ子たちが何十人も水遊びをしていました。それはもう楽しそうでした。

火振り漁の後は花火大会(こちら)でした。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle