五台山から見た高知市納涼花火 - 2017

高知市納涼花火大会でした。家は花火会場の近くなので、窓を開ければドデカイ花火が見えるのですが、写真となると花火だけ写っているのでは面白くない、ということで、少し離れた五台山へ行ってみました。高知市の夜景と入れよう、鏡川の川面に花火が映ったらラッキーなんて。

DSC09398 (1) -

五台山から見た高知市納涼花火大会、2017年8月9日
カメラは、ソニーα57、70300G、WBオート、F8、、ISO100、バルブ撮影

花火を見るのは初めての五台山でしたが、人気の場所らしく、午後7時前ごろ到着すると、山頂の駐車場も路肩もすでに満車でした。仕方がないので通り過ぎて少し道を下ると、小さな駐車場があって、そこもほぼ満車でしたが、端っこに軽四なら置けそうなスペースが空いていて、置くことができました。
そして、レストランの屋上に到着。すでに多くの人が居ましたね。三脚を立ててカメラをセットしたカメラマンさんお2人の間が空いており、そこに入れさせていただきました。ありがとうございました。
花火が始まるころになると、人はもっと多くなっていて、もう、ウジャウジャ居る、て感じでした。駐車場はとっくに満車だったのに、どこから歩いてやって来たんでしょう。


天気は曇り、やがて雨が降るという予報まで出ていました(降られませんでしたけど)。風も弱かったのか、花火が始まると間もなく、花火の煙が立ち込めて、肝心の花火は煙に隠れてしまってろくに見えませんでした。鏡川河畔から打ち上げられる低い花火は多くが煙に隠れてしまいました。筆山から打ち上げられる高くて大きい花火が、なんとか煙に隠れずに見えました。

DSC09379 (1) -

DSC09390 (1) -

DSC09399 (1) -

DSC09404 (1) -

DSC09416 (1) -

いっちょ前にバルブ撮影をしましたが、全体的に暗い写真ばかりになってしまいました。隣りのカメラマンさん(テレビ局に写真を出したりされているらしい!)はISO400で4秒とおしゃっていましたが、自分はISO100でした。近くの花火ならそれでも良いと思うのですが、遠くの花火だと、やっぱり暗いんですね、と学習。ちなみに、自分は花火が3~4個開くまでシャッターを開け続けるので、4秒よりずっと長いです。

DSC09379 (2) -

DSC09390 (2) -

DSC09398 (2) -

遠くで撮影した花火は、ピントが甘いというのか、くっきり度に欠けます。大きく写すなら近くで撮れ、てことですね。※画像は全部トリミングです。

DSC09359 -

五台山は花火の会場から離れているので望遠レンズだろうと、70-300ミリだけで行きました。でもね、花火だけ撮るのならそれで良かったと思いますが、目的は高知市の夜景を入れることでした。70ミリでも大きすぎました。
カメラを横長に構えた場合、70ミリだと鏡川河畔からの低い花火は夜景と一緒に写せるかもしれませんが、筆山からの高い花火は無理。結局、カメラは縦長に構えました。来年行くとしたら標準ズームを持って行くかな。

五台山ですが、夜景と花火を撮るカメラマンさんには良い場所だと思いましたが、見るだけだと花火がちょっと遠くて小さいかな。音の迫力もありません、音は何秒も遅れるし。そんな感想。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle