土佐清水の夕日と満月 - 2017年2月11・12日

今シーズンの宿毛市の咸陽島でのだるま夕日の期間は終わりました。土佐久礼のだるま朝日の期間はまだ続いていますが、自分的にはすでに満腹です。ひとつ心残りは「だるま満月」ですよ。

DSC09133 -

土佐清水の海岸にて、2017年2月11日
カメラは、ソニーα57、70300G、WB太陽光、F8、DROオンLv5

15夜または16夜で、しかも自分の休日でないと出かけられません。また、14夜だと日没前の明るい時間帯の月の出となるので見えないでしょう。
2017年は2月11日(祝)と12日(日)が15夜と16夜ですよ。月の出の方位からすると、この辺りだと室戸岬か足摺岬周辺でないと無理そうです。
どうせなら、だるま夕日とだるま満月の両方を狙っちゃおう、ということで出かけました、土佐清水市の足摺岬(の付け根付近の海岸)。


DSC03029 -

まずは、夕日が見える足摺の西の海岸へ。何組か見に来ていました。

DSC09128 -

太陽がまだ高い位置にあるのに、もう、海面から台が上がってきました。これは背の高いだるまになるぞ、と期待しましたよ。

DSC09131 -

残念、くびれの部分が雲に隠れてしまいました。

DSC09142 -

このまま、ハンバーガーへ。

 ◇ ◆ ◇

次は、月の出が見える東側の海岸へ移動です。たぶん10分ほどで到着したと思います。広い水平線のどこから月が出てくるか分かりませんでしたから、目を凝らして探しました。

DSC09159 -

あ、これかよ。

DSC09167 -

どうやら、水平線付近に雲があったようです。だるま満月は見ることができませんでした。

DSC09173 -

おまけに、ピントも合ってないや。

 ◇ ◆ ◇

翌日、もう一度足摺へ出かけました。ところが、まさかの遅刻。到着したときには夕日は沈んだ後でした。たぶん2分くらいの遅刻だったと思います。もっと余裕を持って出掛けろよ。

次は、月の出が見える東側の海岸へ移動ですが、16夜は月の出が日没から1時間も後なんです。せっかくなので、通ったことがなかった道を探検。西側の海岸線は整備されて道幅が広く、快適に岬まで行けました。岬から東側の海岸線は昔ながらの狭い道で、対向車が来たらいやだなと思いながら進みました。

DSC09178 (1) -

すでに辺りは真っ暗。月はどこ?これかよ。ということで、だるま満月は見ることが出来ず。

2日間で580キロほど。走ったね。今回の旅のお供は黒カメさん。

コメントの投稿

非公開コメント

ダルマも色々

ダルマ夕日に ダルマ朝日に ダルマ満月。
色々なダルマさんが居るのですね。
まだ他にも?

としちゃんさん

だるま太陽は気象条件次第で見ることができますが、
だるま満月は15夜と16夜限定とすると、1か月に2回、
しかも、休日でないと行けないので厳しいです
毎日が日曜になる歳になるまで無理かな
sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle