咸陽島だるま夕日 - 2016年12月11日

天気予報は晴れで、高気圧が近くにある。PM2.5も良し(ほぼ無し)。こりゃあ、行かなきゃ、ばちが当たるってもんでしょ?

DSC08330 (1) -

宿毛市の咸陽島を望む、2016年12月11日
カメラは、ソニーα57、70300G、WB太陽光、ピントは島の木々

というわけで、宿毛市の咸陽島です。出発が遅くなり、到着したのは午後4時10分ごろでしたが、だめだ、こりゃ。すでに多くの三脚が並んでいて、割り込むすき間がありません。20人くらいが、野原の上とその下の道路にひしめき合っていたようです。
結局、太陽が島と島の間の海の右寄りに沈む位置しか空いていなくて、そこに三脚を割り込ませました。というか、野原の上のすでに立っていた三脚と三脚の間の後方に立てました。

結果、だるま夕日は出現したんです。それは良かったんだけど‥、太陽の光が強烈すぎました。

毎度のISO100、F8では、露出を最低まで落としても、太陽はまだ白色でした。おまけに、海は真っ黒。ま、空は燃えるような色になりましたが。


DSC08320 -

この位置から、太陽は海面のどの辺りに下りるか分かりますか?真ん中よりも右なんですね。

DSC08323 -

海面から、だるまの台が上がってきました。

DSC08327 -

つながりました。

DSC08330 -

DSC08336 -

DSC08346 -

DSC08358 -

DSC08373 -

DSC08380 -

薄い雲はあったようですが、それでも太陽の光が強烈だったのは、PM2.5が少なすぎた(ほぼ無かった)ためでしょうか?邪魔者のPM2.5ですが、少しはあった方がきれいな色が出るのかもしれません。

L2PL5(5m?)

太陽を真ん中に下ろすなら、左へ6歩が良かったかもしれません。

DSC02790 -

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
一歩違ったらこれだけ違うんですね
前の日のダルマアップしてるの見ました?
見てしまったから1日早く行けたら
真っ赤だったのに悔しい事
やっぱり人のは見ないのに限ります
そのうちいいのにあたるかなと思いながら通ってますけど
思うようにはいかないですね
一気に寒くなってきたらこれからは待ち時間厳しいかも
オーバーパンツ履いて完全武装で行きましょう。

No title

ベルさん

ほんと、一歩でずいぶん違うものです
自分の位置でも、かなり右に下りるのではないかとあきらめ気分でしたが、
後で見ると、だるまの出来始めの位置はまずまずでした

真っ赤なだるまは、自分はまだ出会ったことがありません
これも縁なんでしょうか、ま、将来のお楽しみということです

いよいよ寒くなってきましたが、バイク乗りは防寒具を持っているので大丈夫ですよね
sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle