土佐久礼のだるま朝日 - 2015年度まとめ

だるま朝日を見ようと、中土佐町の土佐久礼に通って2シーズン目、2015年度(2015年10月4日~2016年3月21日)のまとめ。

土佐久礼のだるま朝日は、秋分の頃から翌年の春分の頃までがシーズンだそうです。期間を少し外れると、室戸岬の黒いシルエットがだるま朝日に掛かってしまうそうです。

DSC06545 (3) -

土佐久礼の防波堤から双名島を望む、2016年3月3日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

土佐久礼のだるま朝日ですが、仕事のある平日でも行けるんですよ。ですから、せっかく気象条件が良いのに仕事で行けなかった、ということはないんですね。ただ、早起きがツライ。

土佐久礼でだるま朝日を見るポイントは何か所もありますが、今シーズンは、
・防波堤と海岸線の旧道から、双名島の右に上るだるま朝日
・久礼八幡宮の参道から、鳥居越しに上るだるま朝日
・ふれあい海岸から、毛嵐と漁船
を見に行きました。さて‥。


 ~~~ 防波堤から海岸線の旧道 ~~~

×2015年10月4日(詳しくはこちら

DSC04271 -

防波堤から双名島を望む、2015年10月4日。
カメラは、ソニーα57。70300G。

雲はきれいだったんですけど、海面付近だけ厚ぼったい雲があって、だるま朝日が見られない、というお決まりのパターンでした。

三脚の位置:双名島を望む防波堤の3本目電柱跡の手前(陸側)へ5歩辺り。

×2015年10月7日(詳しくはこちら

DSC04300.jpg

双名島を望む防波堤から、2015年10月7日。
カメラは、ソニーNEX-F3。SEL1855。

寝坊、高速道路通行止め、遅いトラック、の三重苦。ま、目覚ましをセットせずに体内時計で起きようとしていたのが悪いんです。もう、間に合わないかも‥。

土佐久礼の防波堤に到着した時には、太陽が半分ほど顔を出していました。三脚を立てる時間もなくカメラだけを手に取り車の外へ。だるま朝日なら間一髪ぎりぎり間に合うタイミングでしたが、生憎、今回も海面付近だけに雲があって、だるま朝日は見ることができませんでした。

〇2015年10月8日(詳しくはこちら

DSC04334-.jpg

防波堤から双名島を望む、2015年10月8日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは常識破りの蛍光灯白色。

三脚の位置:双名島を望む防波堤の2本目電柱跡から8歩ほど手前(陸側)

×2015年10月9日(詳しくはこちら

DSC04387-.jpg

防波堤から双名島を望む、2015年10月9日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBはまさかの蛍光灯白色。

三脚の位置:双名島を望む防波堤の1本目電柱跡過ぎ1歩辺り

×2015年10月13日(詳しくはこちら

DSC04410 (1)-

海岸の旧道から双名島を望む、2015年10月13日。
カメラは、ソニーα57。70300G。

何やら人の顔みたいです?

双名島を望む防波堤から見える時期は終わって、海岸線の旧道に場所が移りました。
三脚の位置:ハーモニカトンネル(‥と人は呼ぶらしい)の手前15歩(15m前後?)、4つ目のパネル境

◎2015年10月14日(詳しくはこちら、動画はこちら

DSC04457 (1)-

海岸の旧道から双名島を望む、2015年10月14日。
カメラは、ソニーα57。70300G。

今朝も海面付近に、いや、もっと上の方まで雲があって、まるでだめやん、と思ったのですが、雲があるのは上の方だけで、海面付近には雲がないことが分かってきました。結果、満点のだるま朝日が出現しました。

双名島を望む海岸の旧道に三脚を構えていたのですが、この日は他に誰も居なくて自分一人でした。だるまになり始めてから走って来られた方がいらっしゃいました。カメラ屋さんの店長さんでしょうか。こんなチャンスに二人しか居なかったなんて!

三脚の位置:ハーモニカトンネル(‥と人は呼ぶらしい)の手前2歩でした。もっとトンネルに近付いて三脚を立てると、トンネルの柱が写りこんでしまったためです。

〇2015年10月15日(詳しくはこちら

DSC04499-.jpg

海岸の旧道から双名島を望む、2015年10月15日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

天気予報は晴れだし、気象画像でも全く雲がない状態でした。ところが、到着してみたら空全体に雲がありました。だめだこりゃ、と思ったんですが、雲のすき間から出てきましたよ。

三脚の位置:ハーモニカトンネル(‥と人は呼ぶらしい)の中央付近の開けた所でした。もう少し左に寄った方が太陽をもっと双名島に近づけることができましたね。

◎2015年10月18日(詳しくはこちら、動画はこちら

DSC04562-.jpg

海岸の旧道から双名島を望む、2015年10月18日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

暖かいと良くない、台が小さい、と言う人が居ます。ほんと、台が小さなだるま朝日でした。

三脚の位置:2つ目のトンネルを抜けた所のカーブ、土佐十景の碑から右側へ堤防の壁2枚目の中央付近

◎2015年10月19日(詳しくはこちら

DSC04611-.jpg

海岸の旧道から双名島を望む、2015年10月19日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

天気予報が良くて、衛星写真にも雲が全くないので、行くしかないでしょう、土佐久礼。ところが、到着してみると海面付近だけ分厚い雲がありました。だめだこりゃ、と思ったのですが‥。

昇ってきましたよ。雲のように見えてじつは違うのかもしれません。PM2.5のような浮遊物が海面付近に集まっているのでしょうか?太陽は全く欠ける事がありませんでした。

でも、本日も暖かいせいか、台が小さいだるま朝日でした。

三脚の位置:2つ目のトンネルを抜けた所のカーブ、土佐十景の碑の左の堤防から、左へ2歩(2メートル?)、堤防の壁1枚目中央付近

以上、だるま朝日を5回見ることができました。

 ~~~ 久礼八幡宮 ~~~

覚え書き:久礼八幡宮の鳥居越しにだるま朝日が拝める期間は年に2回。
●10月終わりごろから11月初めごろの2~3週間(10/20~11/9?)
 日の出の位置は日に日に左から右へ移り、カメラの位置は逆に右から左へ移る
●2月初めごろから2~3週間(2/1~2/20?)
 日の出の位置は日に日に右から左へ移り、カメラの位置は逆に左から右へ移る
‥らしい。日付は目安。


×2015年10月21日(詳しくはこちら

DSC04339-.jpg

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月21日。
カメラは、ソニーNEX-F3。SEL1855。

海面付近はどん曇りで、残念ながら、だるま朝日は出現しませんでした。

三脚の位置:参道の右の土の上に三脚を構えました。日の出の位置を確認できませんでしたが、この辺りのはず?

×2015年10月22日(詳しくはこちら

DSC04697-.jpg

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月22日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

海面付近はどん曇りで、残念ながら、だるま朝日は出現しませんでした。 いやいや、雲ではなく、PM2.5のような浮遊物が海面付近に溜まっているのかもしれません。

三脚の位置:参道の右の土の上

△2015年10月25日(詳しくはこちら

DSC04737 (1)-

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月25日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

久礼八幡宮に通い続けて5日目で、やっとだるま朝日が拝めました。でも、うすぼんやりですね。だるまの台も小さかったです。

三脚の位置:鳥居の右の柱のすぐ右(海に向かって)

◎2015年10月26日(詳しくはこちら、動画はこちら

DSC04783 (1)-

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月26日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

まさかの朝寝坊で到着が遅くなり、ドンピシャの場所を確保できませんでした。なので、太陽はずいぶん左から上ってきました。

三脚の位置:鳥居の右の柱のすぐ左後ろ(海に向かって)でしたが、これでも左過ぎた訳です。柱の位置がおそらくドンピシャの位置だと思います。

△2015年10月27日(詳しくはこちら

DSC04824 (1)-

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月27日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

だるまの台が少しだけ見えているんですけど‥。

三脚の位置:鳥居の右の柱(海に向かって)のまん前

×2015年10月28日(詳しくはこちら

DSC04851-.jpg

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年10月28日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

久礼八幡宮に通い始めて8日目、灯台と太陽がかなり近付いてきました。翌日には太陽が灯台に重なって昇るかもしれません。そして、翌々日から太陽は灯台の右から昇るようになります。

三脚の位置:鳥居の右の柱(海に向かって)のほんの少し左

△2015年11月1日(詳しくはこちら、動画はこちら

DSC04936 (1)-

久礼八幡宮の境内から海を臨む、2015年11月1日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WB太陽光。

この日は土佐久礼でトライアスロンが催されるということで、久礼八幡宮の前はゴール地点になっていました。夜明け前から役員さんや選手の方々など、多くの人が日の出を見にいらっしゃっていました。だるま朝日は完全な形ではありませんでしたが、見られて良かったですね。

×2015年11月3日(詳しくはこちら

DSC01027-5R.jpg

久礼八幡宮、2015年11月3日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SEL1855。

三脚の位置:鳥居の中央辺り

この後数日間はまだまだシーズンだったのですが、天気が悪く、今秋の八幡宮は終了。

この期間、だるま朝日は完全な形を1回、不完全な形を2回見ることができました。

その後、12月、1月と土佐久礼には行きませんでした。高気圧が全然やって来なかったんだもの‥。だるま朝日は数回出現しただけだったようです。

 ~~~ 久礼八幡宮 ~~~

×2016年2月4日(詳しくはこちら

DSC05519.jpg

土佐久礼のふれあい海岸、2016年2月4日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

久礼八幡宮の鳥居越しのだるま朝日のシーズンが始まったので出掛けましたが、この日、だるま朝日は出現しませんでした。その代わりではありませんが、毛嵐が発生しました。

×2016年2月7日(詳しくはこちら

DSC05552 -

土佐久礼のふれあい海岸、2016年2月7日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

久礼八幡宮の鳥居越しのだるま朝日を拝もうと、4日目の朝でしたが、だるま朝日は出現しませんでした。

三脚の位置:参道中央よりも左(海に向かって左端から3/8辺り、推定)

×2016年2月10日(詳しくはこちら

DSC05747 -

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月10日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは日陰。

三脚の位置:だるま朝日の位置は、参道の(海に向かって)左から5.5/8辺りでした。太陽が水平線から出てきた時はど真ん中でしたが、だるまになる時はもう少し右へ動くことを考えると、三脚はもう少しだけ左が良かったです。

2月8日がど真ん中だそうですが、なんと、その日は旧暦の1月1日なんだそうです。昔、参道を造営する際、正月に鳥居のど真ん中から朝日が昇るように設計したんじゃないか、と推測される人もいらっしゃいます。鳥居越しの朝日はそれほど神々しい光景なんですね。

〇2016年2月11日(詳しくはこちら

DSC05819 (1) -

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月11日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

海面付近に分厚い雲があるじゃないの。カメラマンさんたちはだんだん増えて、参道にずらり並ばれていらっしゃったんですが、ほとんどの人がだるま朝日は断念されて、太陽が雲の上に出てからの写真を撮ろうと、場所を移動(左へ、そして、前進)、三脚は最も低くして並び直されました。

ですが、最後まで分からないものです。出て来ましたよ。

三脚の位置:参道(海に向かって)左から5~5.5/8辺りだったように思います。記録するのを忘れていました。

×2016年2月14日(詳しくはこちら

DSC06050 -

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月14日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

前夜は雨でした。夜明け前には上がっていましたが、だるま朝日は無理だろう、と思いながらも土佐久礼へ。雨上がりに久礼八幡宮へ行けば、雨に濡れた参道の石畳に、鳥居が映りこんで美しいんじゃないか、と思ったからなんですね。

石畳はそこそこ濡れていたので、鳥居全体が逆さまに映るかと期待したんですが、柱が映った程度でした。その代わり、太陽光が筋になって映っていました。

三脚の位置:前年の2月13日には、太陽が灯台の真後ろから出てきました。2月14日には灯台のぎりぎり左から太陽は上るはず、と三脚を立てましたが、分厚い雲に邪魔されてだるま朝日は拝めずでした。その後、三脚を参道中央付近に移動。

×2016年2月18日(詳しくはこちら

DSC06195-.jpg

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月14日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

中土佐町の久礼八幡宮、残念ながら鳥居越しのだるま朝日は拝めませんでした。毎度の海面付近の雲が邪魔をするんですよ。

三脚の位置:2番目の鳥居の(海に向かって)右の柱の右でした。もっと右にすると、三脚の脚が土の上に出るし、目の前の狛犬が入ってしまいます。

毛嵐が少し出ていたので、ふれあい海岸へ出て漁船を待ちました。

DSC06220-.jpg

土佐久礼のふれあい海岸、2016年2月18日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは日陰。

◎2016年2月19日(詳しくはこちら

DSC06269-.jpg

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月19日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

目覚ましは正しく機能したのに、布団から出るのが遅くなってしまいました。以前から、寝坊した日にはだるま朝日が出るんですよ。これはひょっとして?なんて非科学的な期待をしたり。
やはり出発は少し遅くなって、到着したのは日の出の20分程前でした。これは、先客に場所を取られたかな?とひやひやしましたが、あらー、誰も来ていませんでしたよ。結局、この日の境内は自分一人の貸し切り状態でした。こんなことは滅多にありません。

三脚の位置:前日からこの位置、2番目の鳥居の(海に向かって)右の柱の右でした。もっと右にしたかったのですが、三脚の脚が土の上に出るし、目の前の狛犬が入ってしまうので、これ以上は右へ寄せられないのです。あと少し右へ寄れば、だるま朝日が右へ寄ってど真ん中になったんですけどね。

×2016年2月21日(詳しくはこちら

DSC06331 (1)s-

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月21日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

中土佐町、久礼八幡宮の鳥居越しのだるま朝日の期間はいよいよ最終(2月21日までらしいです)。

お決まりの海面付近の雲に邪魔をされて、だるま朝日にはなりませんでしたが、あらら、雲の上に出て来た太陽が、まるで、逆さまになっただるま朝日のようになっています。逆だるまとでも呼んでおきましょうか。

三脚の位置:2番目の鳥居の前の大きな狛犬の前に三脚を立てました。灯台はぎりぎり入るようにしました。先客さんは背の高い三脚をずっと後方に立てて、大きな狛犬の上から狙っていました。三脚はもう少し右へ移動できますが、すでに鳥居の左側に大きな木が重なっているので、見栄えは良くありません。

日の出の位置はだんだん左へ寄って来て、いよいよ、毎朝止まっている車に日の出の太陽が重なりそうです。

この期間、だるま朝日を2回見ることができました。

 ~~~ 防波堤 ~~~

久礼八幡宮の鳥居越しのだるま朝日の期間が終わったので、土佐久礼通いも終わりにしようと思っていたのですが、天気が良くて高気圧が近くにあると、つい、早起きしてしまいました。

久礼八幡宮は期間限定なので、できるだけ回数を多く出掛けましたが、その他の場所へは高気圧が近い時だけにしています。ですが、真冬は高気圧がちっとも来なかったのに、春になると、結構やって来るんですね。それと、毛嵐が見たくて、朝の気温が低い日には出掛けてみました。

×2016年3月2日(詳しくはこちら

DSC06469-.jpg

土佐久礼の防波堤から、2016年3月2日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

お決まりの海面付近の雲に邪魔をされて、だるま朝日は拝めませんでしたが、日の出の頃から少しずつ毛嵐が出てきました。漁船が見えなくなるほどでしたよ。

三脚の位置:旧道から防波堤へ3歩(3メートル?)入った位置に三脚を構えました。先客のカメラマンさん達の多くは堤防ではなくて、旧道でしたが、さて、どちらが正解だったでしょうか。

◎2016年3月3日(詳しくはこちら、毛嵐はこちら、動画はこちら

DSC06545 (3) -

土佐久礼の防波堤から双名島を望む、2016年3月3日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

海面付近の雲が前日よりも高い所までありました。しかも、厚そうです。だめだ、こりゃ、という雰囲気が辺りに漂っていました。しかも、日の出の位置の辺りに大型の船ですよ。普通、船があると大当たりなのですが、どうも船が大き過ぎるんじゃあないか?これじゃ、だるま朝日の方が船にすっぽり隠されるんじゃないか?という心配も起こりました。ま、どちみち、雲に邪魔されてだるま朝日は見えないだろうから、と諦めムードでのんびりしていましたよ。

そしたら、あ~ら、出て来ましたね。その後、毛嵐が発生し始めました。

DSC06607 -

三脚の位置:旧道から防波堤へ進んで最初の電柱跡から11歩手前(旧道側へ)でした。地面がぎりぎり水平な位置で、1歩でも左(旧道側)へ寄ると斜面になる位置です。

×2016年3月12日(詳しくはこちら

DSC06715 (1)-

土佐久礼の防波堤から双名島を望む、2016年3月12日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

海面付近に分厚そうな雲があって、だめだこりゃ、と思っていたら出て来ましたよ。でも、なぜかだるまの形になりませんでした。この後、毛嵐が少しずつ発生し始めました。

三脚の位置:防波堤の3個目の電柱跡から20歩

DSC06788-.jpg

佐久礼のふれあい海岸、2016年3月12日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

だるま朝日を1回見ることができました。

 ~~~ ふれあい海岸左側 ~~~

防波堤からのだるま朝日はまだ見ることができる(春分まで)のですが、防波堤で撮影するカメラマンさんたちを写真に入れようということで、防波堤を望むふれあい海岸左側へ場所を移しました。

◎2016年3月17日(詳しくはこちら、動画はこちら

DSC06869 (1)-

土佐久礼のふれあい海岸から、2016年3月17日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

双名島を望むふれあい海岸から、防波堤に陣取っているカメラマンさんたちを後方から入れて、だるま朝日を拝みました。

春分も近づき、もはや真冬の寒さではありませんが、だるま朝日が出現しました。だるまの台が低いのが少し残念でしたが、拝めただけでもありがたや、です。

三脚の位置:ふれあい海岸の(海に向かって)左端から右へ20歩(2枚目の絵タイル「イソヒヨドリ」から2歩半右)でしたが、もう少し左が良かったようです。

×2016年3月20日(春分)(詳しくはこちら

DSC06952-.jpg

土佐久礼のふれあい海岸から、2016年3月20日、春分。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

いよいよ春分の日、最終日です。残念ながら海面付近では太陽は見えず、だるま朝日は出現しませんでした。

だるま朝日を1回見ることができました。

翌日には海面付近の雲で肝心のだるまの部分が隠されましたが、雲が邪魔をしなくても室戸岬の黒いシルエットが半分掛かるそうです。そして、翌々日には完全に掛かってしまうそうです。

 ◇ ◆ ◇

土佐久礼のだるま朝日、今シーズンは12回見ることができました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle