久礼八幡宮のだるま朝日 - 2016年2月11日

中土佐町、久礼八幡宮の鳥居越しのだるま朝日。期間の半ばを過ぎて、やっと出ましたよ。

DSC05819 (1) -

土佐久礼の久礼八幡宮、2016年2月11日。
カメラは、ソニーα57。70300G。WBは太陽光。

前日から高気圧が近くにあって、PM2.5も少なめと、条件は良かったんです。しかも、祝日。これは多くのカメラマンがやって来るぞ、早く行って場所を確保しなきゃと、いつもより早起きして6時前には到着しました。日の出1時間前、辺りはまだ真っ暗です。1番乗りか!と期待したんですが、すでに3人が三脚を構えておられました。は、早い、早過ぎるぜよー。それでも、なんとか理想の場所に三脚を立てることができましたが‥。


DSC05787 -

この写真だけ三脚は、参道中央辺り。最初はここに三脚を立てたんですけど‥。

海面付近に分厚い雲があるじゃないの。カメラマンさんたちはだんだん増えて、参道にずらり並ばれていらっしゃったんですが、ほとんどの人がだるま朝日は断念されて、太陽が雲の上に出てからの写真を撮ろうと、場所を移動(左へ、そして、前進)、三脚は最も低くして並び直されました。

自分はだるま朝日狙いだからなー、と思いながらも、この分厚い雲ではさすがに無理だろうとも思っていたんですね。なので三脚を左の方に立てて、雲の上に出た太陽と参道の石畳を照らす光を撮ろうと待っていました。ところが‥。

DSC05816 -

出てきたじゃーん。誰もが目を疑ったはずです。だるま狙いの位置に三脚を移動しました。
参道(海に向かって)左から5~5.5/8辺りだったように思います。記録するのを忘れていました。

DSC05819 (2) -

水平線近くだけ雲が薄かったんでしょうか。よく出てきたものです。

DSC05822 -

DSC05830 -

だるまの頭は雲に隠れて行きました。

DSC05840 -

だるま終了。次は、雲の上に太陽が出てからの写真を撮りました。

DSC05920 -

WBは日陰。三脚は参道(海に向かって)左から3~4/8辺りだったでしょうか。これまた記録するのを忘れていました。

いやいやー、すごい数の鳥ですよ。

DSC05926 (1) -

海岸で地元の人がエサやりを始められたんだそうです。サービス満点です。

次は海岸へ移動。毛嵐は少しなんだけど、また漁船を撮るべ。

DSC05971 (1) -

WBは日陰。

DSC05971 -

上の漁船の写真の元写真がこちら。目の前を鳥が舞っていました。

帰りがけに少し離れた堤防へ行って、堤防よりも外の毛嵐を撮ってみました。

DSC01408 -

カメラは、ソニーNEX-5R。SEL1855。WBオート。

毛嵐は筋になって沖へ向かって流れているように見えました。

コメントの投稿

非公開コメント

すっご~い!

こんばんは

この分厚い雲の中、ようこそですよね
鳥いっぱいと思ったら、エサやってるんですか
宿毛もある所では、写真の為に、パン屑とか投げてるって聞きました

旧暦の元日に真正面から日が当たるってお話し面白かったです
昔の人は凄いですね
いつも思うけど、サインとか入れておいた方が良くないですか?
絵葉書とかに売れそうだけど…
(;^ω^)

今回はだるまより、石畳が染まってるのが好きです

金色の海は、お金持ちになりそう
(*^^)v

No title

この雲でよく出てきたものですね
私なら寒いから直ぐに撤収です
目隠しされただるまさん?鉢巻したタコ入道かも(笑)
金色の朝日綺麗ですね
ますます行ってみたくなりました
カルストの下に宇和島ー須崎 直行で走れるトンネル掘ってくれないかな直ぐ行けるのに・・・

いそべえさん

土佐久礼には何度も行ったのに、鳥にエサをやっている光景は初めてでした。鳥は長い間舞っていたので、いつもとは違う面白い写真ができました。

元旦の太陽の話を聞いたとき、感動しましたよ。昔の人にとって、太陽は重要な存在だったんでしょうね。

石畳ですが、だるまの時に、染まっている石畳も一緒に入れて撮ろうとしたら、だるまの時は太陽が低いためか、石畳は染まらないようでした。太陽が少し上ってから染まるようです。

金色の海、この写真を財布にいれるとお金が貯まる、と売り出せば、こっちの財布にお金が貯まるかもしれませんね。

ベルさん

日の出前、多くのカメラマンが並んで待機していた参道には、分厚い雲だからダメだこりゃ、という空気が満ちていました。1人のカメラマンさんは諦めて海岸へ移動されましたよ。まさか出るとは!

目隠しのだるま、鉢巻のたこ入道とは面白いです。なるほどそう見えてきましたよ。

これから天気の良くない日が続くようなので、今期の八幡宮からのだるまは、これが最初で最後になるかもしれません。
sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle