だるま夕日を見に行ったけど

日曜日は宿毛まで、だるま夕日を初めて見に行ったのですが、
そんなに簡単に見えるものではないらしい。
ひと冬に20日程度、しかも、きれいなのは10日程度らしいです。誤差はご容赦。
そりゃあ、宝くじよりも難しいゼー。でも‥、大安だからもしかして、と思ったんだけどね。

DSC01143 -s-

咸陽島の前、2013年12月15日。
カメラは、ソニーα57、Mモード。75-300mm。

いよいよ、海に沈んでいくのか、と思ったら、厚い雲に消えていきましたとさ。終わり。
 
 
さてさて、宿毛といっても、だるま夕日が見られる場所は限られているそうですが、
宿毛まで行けばなんとかなるだろう、と出かけました。
宿毛に着いてから、地元の方に2回教えてもらい、なんとか到着。居るよ、居るよ‥。

DSC_0402s-.jpg

ごっつい大きなカメラを丈夫そうな三脚にセットした一団。
大阪からバスでいらっしゃったそうです。お疲れ様ですー。

DSC_0403 -

だるま夕日の主みたいな人が居らっしゃって、お話を伺ったところ、その一団が陣取っている
ほんの数メートルの幅の中でないと、島と島との間の海に太陽が沈まないんだとか‥。
どうやら、その島が咸陽島(かんようとう)で、
やって来た場所は咸陽島公園の辺りだったようです。
だるま夕日の主さんに、あの一団の横に入れてもらえばいいよ、と勧められ、
うまいこと言って(ほんとは、普通に言って)、左端に並ばせてもらいました。
でもねー、雲があるのよ‥。

DSC_0409s-.jpg

初めのうちは太陽が見えていましたが、下の方には厚い雲があり、最後は雲に消えていきました。
そして5時、夕焼け小焼けの‥♪、の音楽と共に、初めての宿毛は終了。

最後3枚のカメラは、ニコンD5100、Aモード。Tamron A16NⅡ。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle