エッセカスタム5MT - 燃費チェック3

せっかくの祝日も、朝からどん曇りではバイクに乗る気にもなれず、かといって家の中に居ては昼寝をして終わること請け合い。そこで、エッセカスタム5MTでふらっと出かけました(ぶらぶら旅はこちら)。とりあえず西へ‥。

DSC03472-1 (2) -s-

足摺サニーロード、2015年4月29日。
カメラは、ソニーNEX-F3。SEL1855。

まあね、帰ってきたら燃費チェックをしたくなる訳で‥。前回の記録(こちら)では、
25.92km/Lと、4ATよりもかなり良い結果でした。さて、今回は‥。

439.9km÷16.18L=27.18km/L

前回よりもずっと良いやーん。

続きを読む

SOU-JIN 26th - The Last - Live at R40 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 26th - The Last - Live R40 at Kochi Caravan Sary - Sept. 22,2012
R40、高知キャラバンサライ、2012年9月22日、SOU-JINの26回目、最後のライブ。



⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 1.Smoke On The Water - Deep Purple Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 2.Time Machine Ni Onegai - Sadistic Mika Band Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 3.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 4.Europa - Santana Cover - The Duo Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 5.Mrs. Robinson Cover - Miyano & Earl Klugh Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at R40 The Last Live - 6.In The Mood Cover - anmi2 Version - Acoustic

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの26回目のライブは、
高知キャラバン・サライというライブハウスでの、
R40というライブイベントでした。
前年のROCK40を含めて4回目の出演でした。
SOU-JINは、アコギ(エレアコ)デュオとして始めただろ?
ということで、原点に帰ってアコギを使うことにしました。

少し前に自分で取り付けたピエゾのピックアップが、
2弦だけ少し音が小さいことが判明したのですが、
じゃあ、2弦を強く弾けば良いんだろ?ということで
持って行きました。

結局、これがSOU-JINの最後のライブになりました。

続きを読む

SOU-JIN 25th Live at LaLaLa 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 25th Live at LaLaLa Music Festival - Sept. 16,2012
ラララ音楽祭、はりまや橋商店街会場、2012年9月16日、SOU-JINの25回目のライブ。

20120916SOU-JIN-LaLaLas-.jpg

⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2012 - 1.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover - Open E Tuning
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2012 - 2.Dust My Broom Cover - Open E Tuning Slide Guitar
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2012 - 3.Sweet Home Osaka - Funny Company Cover - Open E Tuning Slide Guitar
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2012 - 4.Rollin' And Tumblin' Cover - The Blues Power Version - Open E Tuning Slide Guitar

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの25回目のライブは、ラララ音楽祭でした。
2年4か月ぶりにオープン・E・チューニングでスライド・ギターを
しましたが、ふだんはちっともオープンでは弾いていないのに、
思いつきで急にやるものですから、どこを弾けばどの音程なのか、
ろくに分かっていませんでした。おまけに音程悪いし‥。

続きを読む

SOU-JIN 24th Live at Summer Paradigm 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 24th Live at Paradigm - Summer Paradigm - Aug. 18,2012
パラダイムのイベント、サマー・パラダイム、2012年8月18日、
SOU-JINの24回目のライブ。

20120818SOU-JIN-Paradigms-.jpg

⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 1.Sweet Home Osaka - Funny Company Cover 初演!
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 2.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 3.Scuttle Buttin' - S.R.V. Cover
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 4.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 5.Europa - Santana Cover - The Duo Version
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 6.Don't Be Cruel - Elvis Presley Cover - J&B Version
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 7.Summertime Cover
          ~ encole ~
⇒ SOU-JIN at Paradigm 2012 - 8.Smoke On The Water - Deep Purple Cover

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの24回目のライブは、高知市のライブハウス、
パラダイムのイベント、サマー・パラダイムでした。
SOU-JINのライブ24回目で、SOUは初めてソリッド・ボディのエレキ、
ストラトキャスター(フェンダー、1975年ですがアルダー&ローズ)を
持って行きました。ストラトらしい音色を出したくて、アンプに直で繋ぎ、
あまり歪まないようにセッティングしましたが‥。

続きを読む

ストラトのトレモロの調整というか

昨年のクリスマスにやって来たストラト(こちら)のブリッジのフローティングの度合いを調整しました、というか‥。

DSC00054.jpg

ちょっと音出してみるべ、2015年4月21日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SELP1650。

元々レフティなのを右利きで使うように、ナットの交換を楽器店に依頼しました(こちら)が、その際、弦を標準の09から10に交換してもらったんです。そしたら、ブリッジのフローティングの度合いが大きく変化して返ってきました。ブリッジが浮きすぎて、3弦や6弦でさえ、3フレット分しか音程が下がらないでやんの。これでは、まるで使い物になりません。すぐに調整すれば良いのに、そのまま4か月近くそのままに。せっかく買ったのに弾いてないし‥。

続きを読む

SOU-JIN 23th Live at Slowhand 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 23th Live at Kochi Slowhand - Kagami River Folk Jamboree #1 - Aug. 5,2012
高知、スローハンド1周年 - 鏡川フォーク・ジャンボリー、2012年8月5日、
SOU-JINの23回目のライブ。

20120805SOU-JIN-Slowhands-.jpg

⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 1.Smoke On The Water - Deep Purple Cover
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 2.Summertime Cover
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 3.In The Mood Cover - anmi2 Version
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 4.Scuttle Buttin' - S.R.V. Cover
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 5.Caravan - Brian Setzer Orchestra Cover - Rough
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 6.Rollin' And Tumblin' Cover - The Blues Power Version
⇒ SOU-JIN at Slowhand 2012 - 7.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの23回目のライブは、高知市のスローハンド
1周年のイベント、鏡川フォーク・ジャンボリーでした。
3日間連続で様々なグループが演奏するイベントでした。

SOUは、昼過ぎからの突然の腹痛で、状態が良くありませんでした。
演奏の方は、とても荒削りで上手とは言えませんが、
そんなのもアリじゃないの?ということで‥。

続きを読む

SOU-JIN 22th Live at Bee Station 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 22th Live at Kochi Bee Station - July 8,2012
高知 Bee Station、2012年7月8日、SOU-JINの22回目のライブ。

20120708SOU-JIN-BeeStations-.jpg

⇒ SOU-JIN at Bee Station 2012 - 1.Wave Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Bee Station 2012 - 2.Hush - Deep Purple Cover - J&B Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Bee Station 2012 - 3.Mrs. Robinson Cover - Miyano & Klugh Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Bee Station 2012 - 4.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Bee Station 2012 - 5.Rollin' And Tumblin' Cover - The Blues Power Version - Acoustic 初演!

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの22回目のライブは、高知のライブハウス
Bee Station でした。
フォーク・ナイトと聞いていましたのでアコギを持って行きましたが、
純フォークでは全然ありませんでした。

続きを読む

VWウィンドーが下がりきらん

2003年生まれのカメさん号(ニュービートル・カブリオレとも言う)の、右側後部のウィンドーが下がりきらなくなりました。



途中で止まるウィンドー、2015年4月18日。
カメラは、ソニーNEX-F3。SEL1855。

あちこち不具合が多くなってきて、もう手放そうかとも思いましたが、車を買い替えるよりは修理した方が安い、というわけでワーゲン屋さんへ行きました。
ワイヤーが原因だったらガラガラと音を立てるようですが、そんな異音は全くありません。少しの時間見ていただきましたが原因は分からないということで、後日お預かりということになりました。今、リコールで大変混み合っているということで、19日後の入庫となりました。
右側前部のウィンドーの動きにも不具合が出ているので、出費が大変です。
だんだんカネ食い虫になってきました。うちのカメさん号、ご飯はおカネ。

SOU-JIN 21th Live at LaLaLa Spring 2012

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 21th Live at Kochi LaLaLa Spring Festival - Mar.4,2012
高知ラララ春祭り、2012年3月4日、SOU-JINの21回目のライブ。

20120304SOU-JIN-LaLaLaHarus-.jpg

⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 1.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover
⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 2.Hush - Deep Purple Cover - J&B Version
⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 3.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover
⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 4.Summertime Cover
⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 5.Caravan - Brian Setzer Orchestra Cover
⇒ SOU-JIN at LaLaLa Spring 2012 - 6.Osampo - Char Cover

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年、2011年にも、いろいろなイベントに出演させて
いただきました。そして、2012年‥。

そんな、SOU-JINの2012年の最初、21回目のライブは、
ラララ春祭り、帯屋町公園会場でした。
ラララ春祭りは、オーディションではなく、出演依頼なんです。
ありがたいことです。前年に続き小雨でした。
そんな中、見てくださった方々に感謝感謝です。

続きを読む

エッセ走行中シフトノブからビリビリ音

やって来たエッセカスタム5MT黒ですが、走行中に室内のどこかがビリビリ、ビリビリと、びりつき音を出すんです。どこかな、どこかな、としばらく分からなかったのですが、なんと、シフトノブでした。

DSC00023 -s-

交換したもののびりつき音が発生した木目シフトノブ、2015年4月13日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SELP1650。

エッセカスタム5MT黒がやって来て、すぐに念願のウッドのシフトノブに交換(こちら)したんですが、ここからびりつき音が出ていたんですね。ノブを握るとびりつき音は止まります。ミッションと繋がっているから振動するのは当たり前なんですね。
それで、そのウッドのシフトノブを外して、シフトノブ無しで走行するとびりつき音は無し、元々付いていたオリジナルのシフトノブでもびりつき音は無しでした。
結局、ウッドのシフトノブが悪かったのね。でも、やっぱりウッド付けたいし‥。

ということで、新しくシフトノブを買いました。でも、これも、盛大にびりつき音が発生しました。ついてないね。ちなみに、このノブ、きれいな木目で重量もずっしりと重く、良い感じでしたが‥。本木ではなく、プラスチックの類のようでした。なので、結局は外す運命だったんですね。「木目」という言葉に引っ掛かったわ。

で、仕方ないので、オリジナルの黒いゴムのようなシフトノブが付いています。

新たに買ったシフトノブは無駄になりましたが、ついでに買ったシフトブーツの方は良い結果になりました(こちら)。本命が上手くいかず、おまけの方が上手くいく、てあるある。

エッセ5MTにシフトブーツ

エッセカスタム5MT黒に、シフトブーツを付けてみました。なかなか良い感じ?

DSC00030 (1) -

シフトブーツ、2015年4月14日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SELP1650。

エッセ5MTのシフトブーツは、蛇腹というのでしょうか、段々のピラミッドみたいな形。上品とは言えないと思います。そこで、汎用品ですがシフトブーツを買ってみました。オリジナルのシフトブーツは外さずに、上に被せただけですが、結果オーライ。違和感無いようです。

続きを読む

SOU-JIN 20th Live at Third Stone 2011

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 20th Live at Takamatsu Third Stone - Nov. 27,2011
高松のサード・ストーン、日曜昼ライブVol.23、2011年11月27日、
SOU-JINの20回目のライブ。

20111127SOU-JIN-ThirdStones-.jpg

⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 1.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 2.Caravan - Brian Setzer Orchesrta Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 3.Scuttle Buttin' - S.R.V.Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 4.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 5.Smoke On The Water - Deep Purple Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Third Stone 2011 - 6.Summertime Cover - Acoustic

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年にも、いろいろなイベントに出演させていただきました。
そして、2011年‥。

そんな、SOU-JINの20のライブは、高松のThird Stone。
日曜昼ライブ Vol.23 に呼んでいただきました。
前日には松山のカラフルでライブ(こちら)を終えて、翌日には
高松でのライブ。合わせて、四国ツアー・ミニと呼んでいました。

自分は出発前から体調が悪く(といっても風邪ですけどね)、
できるなら家で寝ていたい状態でした。
ですが、前日の松山での演奏の方は出来が良く、後日、
ブログには、神が降りてきた夜、などと書いていました。

ところが、2日目の高松はボロボロでした。
前日にアコギで9曲弾きまくり、左手の指先はふにゃふにゃ。
指先が痛くて痛くて弦を押さえられない状態でした。
なので、押弦したつもりでも音が出ない、というミストーンの連発でした。

続きを読む

エッセカスタム5MT - 燃費チェック2 - 街乗り、遠乗り

エッセカスタム5MT黒がやって来て3週間が経ちました。やって来てすぐに調べた遠乗りでの燃費チェック(こちら)では、25.71km/Lという結果でした。でも、これは遠乗りの場合。毎日の通勤や買い物では、そんなには良くないはず。そこで、3週間毎日のように通勤や買い物にエッセを使用してみました。

341.3km÷20.48L=16.66km/L

片道6~7kmほどの通勤距離で、小さな山越えルートの場合は、信号発進からの上り坂を2速で加速し、3速でそのまま上り切ったり(‥つまり、かなり爽快な走りです)、下った先では軽い信号渋滞があったり、燃費重視の走りとは言えない場面もありました。その代わり、5速に入れられる場面ではできるだけ5速に入れました。まあ、実用燃費と言えるのではないでしょうか。
2000ccの我が家の車の2倍は走っているはずですから、この燃費は上等なのでしょうね。



長田うどん、2015年4月12日。
カメラは、ソニーNEX-F3。SEL1855。

街乗り燃費チェックも終わってガソリン満タンにしたことだし、どこか出掛ける?ということで、たいして行き先も決めずに国道32号線を進む。根曳峠の上り坂は3速で爽快に、2回だけ2速で追い越しをしました。大歩危まで行くも、ちょいと物足りないし‥。結局、猪ノ鼻峠も超えて(ここの上りでも2速で追い越しましたね)、長田うどんさんまで行きました。そこまで行ったんだったら高松のエッセ屋さんに行けば?いやね、すでに夕方が近くて時間が無かったので足が伸ばせなかったんですね。さて、そんな四国山地越えの燃費は?

212.6km÷8.20L=25.92km/L

発進は穏やかに、そして、5速に入れられる場面では5速に入れる。でも、追い越しなど必要な場面ではシフトダウンしてエンジン回す(帰り道では2回追い越しましたっけ)。そんな走り方でしたので、実用燃費と言えそうです。カタログ値の245km/Lを上回っています。なかなか良い結果なんでしょうね。

それにしても、街乗りと遠乗りとでは、ずいぶん違いが出るものですね。

SOU-JIN 19th Live at Colorful 2011

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 19th Live at Matsuyama Colorful - Nov. 26,2011
松山、カラフル、2011年11月26日、SOU-JINの19回目のライブ。

20111126SOU-JIN-Colorfuls-.jpg

⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 0.Openning - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 1.Smoke On The Water - Deep Purple Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 2.Europa - Santana Cover - The Duo Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 3.Don't Be Cruel - Elvis Presley Cover - J&B Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 4.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 5.Dust My Broom Cover - The Duo Version - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - Scuttle Buttin' - S.R.V. Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 7.Summertime Cover - Acoustic
          ~ encole ~
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 8.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover - Acoustic
⇒ SOU-JIN at Colorful 2011 - 9.In The Mood Cover - anmi2 Version - Acoustic

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年にも、いろいろなイベントに出演させていただきました。
そして、2011年‥。

そんな、SOU-JINの19回目のライブは、松山のカラフルでした。
松山の知り合いのバンドさんが招待してくださり、4バンドの
ジョイント・ライブとなりました。

翌日は高松でライブがあり、合わせて、四国ツアー・ミニと
呼んでいました。

自分は出発前から体調が悪く(といっても風邪ですけどね)、
できるなら家で寝ていたい状態でした。
ですが、演奏の方は出来が良く、後日、ブログには、
神が降りてきた夜、などと書いていました。
今、演奏を聞き返すと、どれだけのものか分かりませんけど‥。

続きを読む

エッセの空調のノブを黒に交換

ブラックヒーコンノブセット(ノブ3個セット)、というらしいです。

DSC00016 -

2個だけ黒に交換してみた、2015年4月8日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SELP1650。

黒のヒーター・コンパネルのノブのセット、てとこでしょうか。ドアバイザーと一緒に買ってみました。元のノブを指でつまんで引き抜いて、新しいノブをはめるだけ、の簡単すぎる、作業とも呼べないような手軽さ。

個人的には、色はどうでもいいんですけど?

エッセにドアバイザーを付けた

やって来たエッセカスタム5MT黒には、ドアバイザーが付いていませんでした。てっきり付いているものと思っていました。なくてもいいかな、とも思いましたが、雨の日に窓ガラスを少し開けることができないのは、やっぱり不便。

DSC00003 -

ドアバイザー(ミドルバイザー)装着完成の図、2015年4月8日。
カメラは、ソニーNEX-5R。SELP1650。

そこで、新品を取り寄せて、自分で装着しました。後部座席のドアの窓は使わないので、前部座席の左右のドアバイザーだけを装着。自分でできるかなー、なんて、案ずるより産むが易し、いたって簡単でした。

これで、雨の日も安心。

ベーアンは箱がデカくなくっちゃ

ベースアンプはスピーカーと箱の大きさで決まる、と思っているんです。自宅練習用に売られている、箱の小さいベーアンで鳴らしても、ちっともベースらしくないや!と思うんですね。

DSC_1861 -

YAMAHA J-100B+J-110L(115L)(1977年~1980年ごろ), Fender Jazz Bass 1975
2015年4月6日、カメラは、ニコンD5100、18-105。

昨年の8月にYAMAHAのJ-55Bという箱が大きめのベースアンプを買いました(こちら)。やっぱ、スピーカーと箱が大きいと、音圧っていうのか、音がバシッと出てズドーンと響くよねー、と勝手に納得したものでした。でも、もっと箱が大きいのが欲しいかも、とその後も時々探していたんですね。先日、久しぶりに探してみると‥。

あるじゃないの、しかも、格安で。ありえない安さでした。欲しい。買うぞ。でも、置き場所がない‥。とりあえず状態を伺おうとメールして返信も頂きました。でも、やっぱり置き場所がないし、とあきらめたのですが、翌日、結構高かった送料の半額を楽器屋さんが負担してくださるというメールを頂きました。アンプ代はありえない安さ、送料は高くても楽器屋さんの儲けではない、それなのに安くしてくださるというのです。そこまで言われて無視しては義理が立ちません。買わせていただきました。

YAMAHA J-100B(Head)+J-110L(115L)=SYSTEM7、1977年~1980年ごろのようです(正確な時期は知りません)。1970年代後半、Jシリーズが出て、その後にFシリーズが出て、やがてJシリーズでも小さいアンプはなくなりましたが、ヘッドと箱がセパレートのJ-100シリーズは、Fシリーズが出てからもカタログに出ていました。 そんな、偉いアンプなのよ。

続きを読む

SOU-JIN 18th Live at SU.SU.MU.FES. 2011

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 18th Live at SU.SU.MU.FES. - Oct. 16,2011
SU.SU.MU.FES. (スサキ・ガ・スキサ・ミュージック・フェスティバル)、
2011年10月16日、SOU-JINの18回目のライブ。

20111016SOU-JIN-SUSUMUs-.jpg

⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 1.Wave Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 2.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 3.Scuttle Buttin' - S.R.V. Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 4.Caravan - Brian Setzer Orchestra Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 5.Smoke On The Water - Deep Purple Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 6.Ready To Fly - Masayoshi Takanaka Cover
⇒ SOU-JIN at SUSUMU 2011 - 7.Summertime Cover

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年にも、いろいろなイベントに出演させていただきました。
そして、2011年‥。

そんな、SOU-JINの18回目のライブは、
SU.SU.MU.FES. (スサキ・ガ・スキサ・ミュージック・フェスティバル)でした。
前年に続いて呼んでいただきました。ありがたいことです。

数日前にも使ったチューナーが、まさかまさかの電池切れになり、
ステージの途中から耳でチューニングしたのですが、だめですね。
曲が進むにつれチューニングが狂っていくのをその時は気付かず‥。
後で録音を聞き返すと、聞くに堪えないものでした。

Q:ギターで一番難しいことは何ですか? A:チューニングです。
とは自分の意見ですが、これ、間違いないです。

続きを読む

花盛り

満開の桜や桃の花も、大雨でどんどん散り始めました。大雨の前に撮った写真があったので‥。

DSC03333 -

ダイニングから外を望む、2015年4月2日。
カメラは、ソニーNEX-F3。

道路の向こうの野原に咲いている桃の親が、庭にある桃の木なのですが、
昨年、庭師が枝を切り過ぎて、今年はほんの少ししか花を付けませんでした。
野原の方の桃は、たくましく大きく育ち、親を追い越しています。

続きを読む

SOU-JIN 17th Live at LaLaLa 2011

今よりは若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!
SOU-JIN 17th Live at LaLaLa Music Festival - Sept. 18,2011
ラララ音楽祭、壱番街会場、2011年9月18日、SOU-JINの17回目のライブ。



⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2011 - 1.Summertime Cover 初演!
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2011 - 2.Jeff's Boggie - Jeff Beck Cover
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2011 - 3.In The Mood Cover - anmi2 Version
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2011 - 4.Mrs. Robinson - Simon & Garfunkel Cover - H.Miyano & Earl Klugh Version
⇒ SOU-JIN at LaLaLa 2011 - 5.Smoke On The Water - Deep Purple Cover

SOU-JINは、壮仁と書きまして、2人のギターデュオでした。
学生時代はバンド活動に現を抜かしていたものの、
卒業後は、たいした活動もせずにいた私でした。
そんな、ほぼ何もしていないような時期が長く続いていた時、
幼なじみに誘われて始めたのが、このギターデュオでした。
ギター2人で、ラララに出てみないか?みたいな始まりだった
ように思います。

2008年秋に初ライブを行って、翌2009年は、春から
いろいろなライブイベントに出演させていただきました。
年末にはNHKのオヤジバトルに出演させていただきました。
2010年にも、いろいろなイベントに出演させていただきました。
そして、2011年‥。

そんな、SOU-JINの17回目のライブは、
ラララ音楽祭、壱番街会場でした。
商店街のアーケードの下でのライブでした。
出来の良くない演奏が多かったのですが、
お客さん達が大きな声援をくださり盛り上がりました。
いえ、そうやって盛り上げてくださったんですね。
ありがたいことです。

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle