パコ・デ・ルシア、星になる

偉大なギタリスト、パコ・デ・ルシア先生が星になられたそうです。
人が亡くなった話とかするのは好きじゃないので(追悼とか、追悼ライブとか‥、なんやねん?)、
あまりしないんですが、この偉大な先生のことは記憶に留めたいと思います。

地中海の舞踏 - Mediterranean Sundance / Rio Ancho - を自分が練習し始めて数年になります。
未だに、まるで弾けません。弾けないままで、そのままになってしまった‥。

Mediterranean Sundance - Rio Ancho - Al Di Meola  Paco De Lucias-

⇒ Mediterranean Sundance/Rio Ancho - Al Di Meola & Paco De Lucia

Recorded August 30, 1981. St. Goarshausen, Germany.
Al Di Meola and Paco De Lucia perform Mediterranean Sundance/Rio Ancho live.
だそうです。リンクが切れないことを願います。

数ある演奏の中でも、この演奏は好きです。
まだ、めちゃくちゃ速いテンポでは演奏していなかったころの音源です。でも‥。
めちゃくちゃ弾きまくっていらっしゃいます。弾いて、弾いて、弾いて‥。
曲のテンポは速すぎないんですが、ソロは速すぎて、ただただ、口あんぐりです‥。

ちなみに、全く御存知ない方へ。
画面左は、アル・ディ・メオラ先生。ロック・フュージョン界の仙人。
画面右が、パコ・デ・ルシア先生。フラメンコの世界を広げた仙人。
です。

あー、涙なくして聞けんわ。

雨上がりに虹

家を出るときは大雨だったのに、トンネルを抜け、10分ほどで仕事場に着いたら晴れてきました。
そして、とても低いところに虹が掛かっていました。街中だと建物が邪魔をして見えにくいよ。
We must be over the rainbow rainbow rainbow ‥♪

DSC_1754-1s-

仕事場の屋上にて、2014年2月27日。
カメラは、ニコンD40。18-105mm。

だるま夕日を室戸で見ようと1

宿毛のだるま夕日のシーズンが終わり‥、することがないなー。
でも、日曜の午後になると身体が勝手に動き始めるんですね。
室戸なら春分のころまで、だるま夕日が拝めるらしい‥。

DSC01620 -

室戸岬新港、2014年2月23日。
カメラは、ソニーα57、Mモード。70-300mm。

続きを読む

庭の椿

椿って、葉の緑がとっても艶っぽいですよ。

DSC_1712 (1)s- 140222sat瀬戸椿

自宅の椿、2014年2月22日。
カメラは、ニコンD40。18-105mm。

真央ちゃん泣いて、日本中が泣いた

あの時、自分は布団の中、ラジオで真央ちゃんの演技を聞いておりました。
真央ちゃーん、と何度か女性の大きな声が、広い会場に響きました。
さらに、真央ちゃんならできる、と会場に響き渡りました。
まさに、日本中の人々の気持ちを表しているかのようでした。
そして、演技が始まりました。
ラジオで聴いててどうするの?て感じですが。‥だって眠かったんだもん。

夜が明けてから、テレビの放送を何度も見ました。
「道」を追求する人の純粋な姿を見ました。
ただひたすら、自分のフィギュアを追及する姿を。

できることなら、演技前に、真央ちゃーん、と声が掛かり始めた場面から見たいんですよ‥。
前の選手の演技が終わってすぐに声がかかり始めて、
それは、真央ちゃんの演技が始まるだいぶ前だったから、
後日放送のテレビの映像には出てこないんですよね、残念。うー、見たい。

ステップワゴンにサンシェードを付けた

乗り始めてから15年目になるステップワゴン(1999年製)のフロントガラス部分に
サンシェード(←正式名称は知りませんけど)を付けました。

DSC01814 (1) -

うーん、いいねえ。

続きを読む

だるま夕日を見に行った16 - 最終 - 動画 - 九州の陰

はじめに、この動画では美しいだるま夕日は見られません。それは‥。

140211-だるま夕日と九州の陰s-

⇒ だるま夕日と九州の陰 - 宿毛 咸陽島 - 2014年2月11日

宿毛市咸陽島の前、2014年2月11日。
ビデオカメラは、キャノンHF M41、露出 -0.5。

宿毛の咸陽島のだるま夕日は2月10日まで、と巷で言われているようです。
それを過ぎると、海面付近に浮かんだ九州の陰に、だるま夕日が隠されてしまうのだとか。
2014年2月11日に行ってみました。

なるほど、なるほど、だるま夕日になっているはずなのですが、
海面付近に浮かんでいる黒い帯に、肝心の部分が隠されています。
先人の教えは素直に聞いとこう、てことですね。

今、何を聴くの?パリの散歩道でしょ

シャンゼリゼ♪ サンミッシェル♪ ボージョレー♪

さてさて、ソチオリンピックでの羽生結弦選手の大活躍で、
この曲は日本人にもすっかりお馴染みになったことでしょう。
ゲイリー・ムーア先生の名曲、パリの散歩道。
羽生選手のすっきりしたお顔やスタイルと、ゲイリー・ムーア先生のお顔とが、
非常に対照的でニヤニヤしてしまうのでした‥。

そういえば、昔演奏したっけ、と音源を探し出しましたよ‥。



Kaleidoscope(Kochi) - パリの散歩道 - Parisienne Walkways - Gary Moore - Cover

高校時代のバンド仲間が久しぶりに集まって、演奏しつつ同窓会をしよう!
ということで、土佐高校57回生バンド同窓会は始まりました。
その第1回目の音源です。1997年8月14日、RING。
同窓会のために帰省して、ほぼぶっつけ本番で演奏をする!というもので、
この時は、本番前に2回ほど練習をしたようです。
ですから、間違えたり忘れたりするのは当たり前!
間違いには突っ込みを入れて酒の肴にしよう、という趣向でした。

さて、この曲、本番では、印象的なフィードバックが全くの不調で大失敗でした。
1982年に高校を卒業した年の夏に集まって演奏したときも、
フィードバックが効かずに失敗したっけ。
練習ではフィードバックが延々と続いて止まらない程だったんですけど‥。
今回の音源はリハのものなので、オッケー。

 ◇ ◆ ◇

ところで、羽生結弦選手の曲は、前半こそパリの散歩道ですが、後半は別の曲ですよね。
曲が違うのは勿論ですが、ゲイリー先生とは、なーんか違う、とは思ったんです。

ネットで検索すると出てきましたよ。情報を横取りするようで、ごめんよー。
ジェフ・ヒーリー先生バンドの、フーチークーチーマンだそうです。
知っている人はすぐに分かるんでしょうね。あ、あの曲のあそこの部分だ!と。
The Jeff Healey Band - Live Montreux - Hocchie Coochie Man
後半部分の先生の演奏を繋いでいるそうです。
それにしても、まさかフーチークーチーマンだとは気が付きませんでした。
そうして、羽生選手の演技の映像を見返すと、嗚呼、
I'm the, Hoochie Coochie Man ♪ Everybody knows I'm him ♪
て聞こえてくるようだゼー。

ゲイリー・ムーア先生とジェフ・ヒーリー先生、お2人ともすでに空の星となられたお方達。
ご存命ならば、さぞ喜ばれたことでしょう!なんて思いました。

だるま夕日を見に行った16 - 最終

あれあれ、宿毛の咸陽島のだるま夕日のシーズンは2月10日まで(と巷で言われている)、
なんじゃなかったの?それを過ぎると、だるま夕日の中に九州の黒いシルエットが入ってきて
邪魔をするんじゃなかったっけ?シーズン過ぎたのに、それでも行くか?行くし。

DSC01568 (1) -

咸陽島のローソク岩の前、2014年2月11日。
カメラは、ソニーα57、Mモード。70-300mm。

続きを読む

三脚のケース用に買った

先日買ったマンフロットの三脚と雲台(ギア付きジュニア雲台410、三脚は055XPROB)の
セット。車で運ぶから重くてもいいや、と思っていても‥。
家の4階から車まで運んだり、現場で車から降ろして運んだりするとき、
2脚あるとそれだけで両手がふさがってしまいます。何往復もして運ぶのはいやだし‥。
ということで、三脚用にケースを買いました。



K&M社、21311。

本来は三脚用ではなく、PAのスピーカーに使うスタンド用のキャリングケースなんだそうです。
なんで、こんなの買ったの?それはね‥。

続きを読む

だるま夕日を見に行ったけど15 - シーズン終了

宿毛の咸陽島のだるま夕日は、2月10日ごろまで、とネット上のどこかで見ました。
それを過ぎると、だるま夕日の中に九州の黒いシルエットが入ってきて、だるま夕日が
大きな口を開けたようになるのです(ネット上にそんな写真があります)。
最後に、もう1回行っとく?行くし。

DSC_1684 (1) -

咸陽島の前、2014年2月9日。
カメラは、ニコン、D40。18-105mm。

気恥ずかしいながらも、買ったばかりのマンフロットを2脚、でん、でん、と構える。
すると、隣にいらっしゃった(というより、隣に立てや、とお言葉をくださったのです)、
だるま夕日の主さんが、
おー、マンフロットじゃいか、ええがをこうたやいか(←幡多弁、良いのを買ったね)、
おんちゃんのも、昔のマンフロットじゃ、とお言葉をくださいました。
ありがたや、ありがたや。さて‥。

続きを読む

立春も過ぎて

寒さ厳しい時期ですが、植物はよく知っているんですね、もう、春が近いこと。

DSC01807 (1) -s- 140208sat

自宅の枝垂れ梅、2014年2月8日。
カメラは、ソニー、NEX-F3。SELP1650。

SONGS - 浜田麻里 - を見てよかったわん

NHKの番組SONGSの「浜田麻里」を見ました。

浜田麻里s-

20代のころ、リアルタイムで聞いていましたよ、浜田麻里さん。
カセットテープに録音して聞いていましたね。時は流れ‥。
いつしか、カセットテープを聞ける環境もめっきり減ってしまいました。
何年か前に、CDを買おうと探したんですが、見つけられませんでした。
嗚呼、廃盤なのかなー、と残念に思ったことでした。
でも、浜田麻里さん、ずっと活動されていたんですね。
聞いてなくて、ごめんよー、ほんと。あんだけ好きだったのに。

そして、今回のテレビ出演ですよ。

Return To Myself (1989年) 前後の彼女しか知らなかったので、
あれから25年近く経った現在の彼女のことは、全く想像もできませんでした。

内心、大丈夫だろうか、ちゃんと歌えるんだろうか?などと失礼なことを
思いつつ、録画予約をしておいたんです。そしたら‥。

なんですかーーー、すごい、凄すぎる。

女性の年齢を口にするのは失礼なんでしょうが、現在51歳(番組放送時)なんだそうです。
なぬー、自分よりちょっとだけお姉ちゃんやんか!信じられません、わ、若い!
あの声量、歌唱力。声質も色っぽい、艶っぽい。それで、美しい。美人で、可愛くて‥。
昔よりも今のほうが断然いいと思うのは自分だけでしょうか?
そして、ぴちぴちでムチムチの太もも。
あーー、ごめんよ、ごめんよ、でもね、これって素晴らしいことだと思うんですよ。

日々の努力の賜物なんでしょうね。ただただ、脱帽です。

ちょっと年上の麻里ちゃんに負けてはいられない!と、元気と勇気をもらったのでした。

今年の目標、”ギターを弾く”、これやね。実行しろよ?

だるま夕日を見に行ったけど14 - 雲台の練習に

だるま夕日を求めて、宿毛通いの14回目。



咸陽島のローソク岩の前、2014年2月2日。
ビデオカメラ、キャノンHF M41の動画からキャプチャーした静止画。露出-0.5。

数日前の天気予報では曇りと雨でしたが、前日の天気予報では晴れになりました。よっしゃー。
でも、最高気温が20℃超えの、2月とは思えない暖かい日でした。まさに、ぽかぽか陽気。
おまけに、PM2.5の予報も悪い。
こんな日は、だるま夕日は出ないんじゃないの?それでも行くの?‥行くし。
だるま夕日にはならなくても、ローソク岩の上に太陽が乗ればいいのだ。と、出かけたものの‥。
初めのうちは真っ赤な夕日が見えましたが、やがて太陽がローソク岩の上に降りてくるころには
ぼんやりと消滅。結局、ビデオカメラの映像しか残っていませんでした。

 ◇ ◆ ◇

さてさて、この日は、買ったばかりの雲台と三脚の練習も、目的のひとつでした。
マンフロット(Manfrotto)社、ギア付きジュニア雲台410、三脚は055XPROB、のセット。
さすが、ギア式です。方向、高さ、水平が素早く決まります。
三脚の設置場所を移動して、調節し直すときもあっという間です。
それまでの雲台だったら、いちど調節したら、調節し直すのがいやで、
三脚を移動したくなかったもんね。
ですが、ギアには少しだけ「あそび」があるようで、例えば、目盛り1度だけ動かして、
また、1度だけ元に戻した場合、元の状態とは違った状態になることもありました。
ギターのチューニングをするペグなんかも、同じようなものですから、
細かいところまで気にするのは、欲の出しすぎなのかもしれません。

それにしてもこの雲台、設置しただけで注目を浴びました。
「おぉー、マンフロットじゃないですか!410でしたっけ、405でしたっけ?」と
話しかけられたり、マンフロットをご存じない人からは、
「(ギアのノブを)回して調節できるのは便利ですね。」と話しかけられたり‥。
マニアでもない自分がマンフロットを、しかも、2台設置していたために、
写真家さんたちから話しかけられて、恐縮、いえ、それを通り過ぎて、萎縮、してしまったゼーー。

三脚と雲台を買った

いやね、自分は写真好きでもカメラ好きでもないんです。そのつもりなんですけど‥。
でも、三脚がないのとあるのとでは全然違うわけで、自分のライブの演奏をビデオ録画するときは
三脚は必須でした。それで、一番安売りしてそうな数千円程度の三脚は持っていました。



ビデオに三脚は必要だけど、写真を撮るのにいちいち三脚を使うほどマニアじゃないゼー、と
思っていたんですが、だるま夕日の撮影には三脚が必要、ということで、
持っている格安の三脚を使っていたんです。

でも、水平を取ったり、角度を調節したりするのに手間取るわけですよ。
調節できた、と思ってねじを締めてロックする途端にずれるし‥。

微調節ができて、しかも、ずれない三脚はないか?いや、正確には雲台なんですが、
三脚と雲台が別々に売られていることすら知らなかった自分‥。

で、見つけましたよ、ギア付き雲台という優れもの。

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle