PhotoFunia

わたくし、半生を本に著しました。ねこでも読める、分かり易い本です。

PhotoFunia-25cf8f6_o (1)s-

‥なーんて、夢ですね。写真でいろいろ遊べます、PhotoFunia。

Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy

発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その4。
Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy



⇒ Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
唯一のオリジナル曲になります。というか‥。
1年先輩のリーダー、キーボードのきんこさんが、ポプコンに応募したいということで、
オリジナル曲を持って来られて、バンドのみんなでお手伝いさせていただいた、
そのような記憶がありますが、遠い昔の話なので、どこまで正しいのかは自信がありません。
ボーカルには、リーダーのお友達がバンド外から参加されましたが、軽音楽部の人では
ありませんでした。隣の部室のフォークソング部の人だったような‥、ああ、どこまで
記憶が薄れているんだろ。

録音されたカセットテープには、録音日が記されていないのですが、
第28回ポプコンのつま恋本選会が、1984年10月7日だったそうですので、
その予選に間に合うように録音されたのでしょう。いや、そのはずです。

ちなみに、その年の11月の学園祭のライブでは、トラベラーズの最後のギターソロで
このテープに収められているのとほぼ同じソロを弾いています。
ソロの使い回しかよ?いえいえ、せっかくのソロを無駄にしない、てことでしょうか。

そのポプコン応募用のテープが出来て、これはなかなか良いぞ、と自分では思ったのでした。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram at Live 113 '84

若かったあのころ、そこには、今の自分とはまるで別人の自分がいた。
SOUの半生を振り返る!大学編、その3。
Isumuram at Live 113 - Nov.4,1984

Isumuram841104s-.jpg

⇒ Isumuram at Live 113 5.Tears Of The Star - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Live 113 6.Travelers - The Square Cover
⇒ Isumuram at Live 113 9.Emergency - Naniwa Express Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
3回目のライブとなった、大学の学園祭、その最終日の演奏です。
113教室という講義室でのライブだったのですが、なんと9曲もやっていたんですね。

発掘したテープを聞き返すまでは、完全に忘れ去っていた曲も多数あり、それらは当然、
今となっては弾くこともかないません。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

冬支度の桜

DSC_0487 -s-

まだ、そんなに寒くはないけれど、近所の桜はすっかり葉を落としていました。
道路の落ち葉集めの季節も終わったね。
カメラは、ニコンD40。

Isumuram at Green Hall '84

若き日の自分は、今の自分とはまるで別人のように感じるわけです。
なんで、こんなに勢いがあるの、ねえ、ねえ?て感じです。

大学時代の音源を発掘しました。SOUの半生を振り返る!大学編、その2(3回生)。
Isumuram at Green Hall - May 4,1984

Isumuram840504s-.jpg

⇒ Isumuram at Green Hall 1.Looking Up - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Green Hall 2.Take Me - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Green Hall 3.It's Magic - The Square Marlene Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたのですよ。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
初ライブとなった、グリーンホールでの演奏です。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

柿の実も熟れて

DSC_0482 (1)s-

柿の実が熟れていました。美味しいのに、ほったらかしなんだそうです。窪川にて。
カメラは、ニコンD40。

Zoom Up ! at Live 212 '82

若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編(1回生)。
Zoom Up ! at Live 212 - July 3,1982

ZoomUp!820703-Live212s-.jpg

⇒ Zoom Up ! at Live 212 1.Six,Sex,Sax - ARB Cover
⇒ Zoom Up ! at Live 212 2.Crazy Love - ARB Cover
⇒ Zoom Up ! at Live 212 3.Whiskey & Vodka - ARB Cover
⇒ Zoom Up ! at Live 212 4.Union Rocker - ARB Cover
⇒ Zoom Up ! at Live 212 5.Boys & Girls - ARB Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学1年のときは、なんと、
ニューウェイブなバンドに誘われて、当時大流行のARBをやっていたのですよ。

 ◇ ◆ ◇

大学に入学した私は、よーし、'70年代ハードロックを
やるぞ!と意気込んでいました。
ですが、当時、全国的にはどうか分かりませんが、
地元では'70年代ハードロックはもはや時代遅れとされ、
口にすることすらできない状況でした。そうです、世の中、
パンクやニューウェイブの時代を迎えていたのです。

そんな中、熱心に誘われたのが、Zoom Up ! でした。
Zoom Up ! は、高知大学軽音楽部「Blue Sky」に所属する
当時の言葉を借りるなら「ニューウェイブ・バンド」でした。
ハードロックとは程遠いニューウェイブのバンド‥。
気乗りはしなかったのですが、断りきれない弱い性格だった私。
参加することになりました。
でもね、やっぱり面白くはなかったんです。
それで、我慢できなくなって、数か月で脱退してしまいました。
そんな訳で、ライブはたったの1回しか行っていません。
ギターの後任が決まらず、バンドは存続できなくなりました。
メンバーのみんなには迷惑を掛けたと、今になって思います。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、
若き日に、ほんの短い期間接したニューウェイブ。
今、聞き返してみると、こんなジャンルも経験できて
良かったと思います。そして‥。
嗚呼、若いって素晴らしい。演奏に勢いがあります!
経験と共に演奏は上達するのかもしれません。ですが‥。
若さ故の勢いは、年齢と共に失われていくように感じます。

あのときのメンバーは、今、
どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご連絡をお願いしたいと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle