ISUMURAM at Upstairs Of Yamamomo '85 - part 2

若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その9。
ISUMURAM at Upstairs Of Yamamomo - Nov.3,1985



⇒ ISUMURAM at Yamamomo 4.Galactic Funk - Casiopea Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

そのイシュミランに参加して1年が過ぎ、1年先輩でキーボードのリーダーが卒業され、
もう一人のキーボードも就職活動やらでバンドから離れました。
そこで、新たに2人のキーボードを迎えて、新生イシュミランがスタートしたのでした。
ですが、これは私が卒業するまでの1年足らず、しかも、
いろいろと多忙で、ライブの機会はあまりありませんでした。

 ◇ ◆ ◇

今回も、大学の学園祭でのライブです。
しかも、前回と同様に「やまもも」の2階でのライブですが、
前回は11月1日、今回は11月3日の音源です。
この日のライブが、イシュミランでの最後のライブとなりました。

Galactic Funk は、この新生イシュミランになってからの曲です。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

ISUMURAM at Upstairs Of Yamamomo '85

若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その8。
ISUMURAM at Upstairs Of Yamamomo - Nov.1,1985



⇒ ISUMURAM at Yamamomo 1.Rodan - The Square Cover
⇒ ISUMURAM at Yamamomo 2.Frou Frou - Casiopea Cover
⇒ ISUMURAM at Yamamomo 5.The Lady Of Toledo - Naniwa Express Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

そのイシュミランに参加して1年が過ぎ、1年先輩でキーボードのリーダーが卒業され、
もう一人のキーボードも就職活動やらでバンドから離れました。
そこで、新たに2人のキーボードを迎えて、新生イシュミランがスタートしたのでした。
ですが、これは私が卒業するまでの1年足らず、しかも、
いろいろと多忙で、ライブの機会はあまりありませんでした。

 ◇ ◆ ◇

今回も、大学の学園祭でのライブです。「やまもも」の2階でのライブ、と記録が残っています。
「やまもも」というのは、売店だったかなー、とすでにあまり記憶がありません。
その2階を軽音楽部「ブルースカイ」がお借りして、学園祭の期間中はライブハウスにしていた
ように思います。
夜泥棒が来て機材を盗まれたらいけないということで、何人かが泊り込みの番をしていましたが、
11月の夜は寒く、こたつを持ち込んでいました。
夜遅く遊びに来る部員の中には、コートを着込んでやって来る人もいましたっけ。

The Lady Of Toledo は、この新生イシュミランになってからの曲です。

このときの演奏は、上出来とは言えないのですが、当時流行していたエレドラの音を聞くことが
できます。懐かしいです。こういう音を聞くと、当時の空気感がよみがえります。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

ISUMURAM at Mokuba II '85

若かったあのころ、そこには、今の自分とはまるで別人の自分がいた。
SOUの半生を振り返る!大学編、その7。
ISUMURAM at Mokuba II - Nov.1,1885

Isumuram851101-Mokubas-.jpg

⇒ ISUMURAM at Mokuba II 2.Misty Lady - Casiopea Cover
⇒ ISUMURAM at Mokuba II 3.Rodan - The Square Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

そのイシュミランに参加して1年が過ぎ、1年先輩でキーボードのリーダーが卒業され、
もう一人のキーボードも就職活動やらでバンドから離れました。
そこで、新たに2人のキーボードを迎えて、新生イシュミランがスタートしたのでした。
ですが、これは私が卒業するまでの1年足らず、しかも、
いろいろと多忙で、ライブの機会はあまりありませんでした。

今回は、大学の学園祭でのライブです。木馬というジャズ系のお店があったのですが、
そのお店が学園祭に出張開店しました、みたいな形で開いたお店だったかなー?
すでに、定かな記憶はありません。

Misty Lady は、この新生イシュミランになってからの曲です。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram at Elpi - Happy Ending Concert '85

若かったあのころ、そこには今の自分とは別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その6。
Isumuram at Elpi - Happy Ending Concert - Mar.18,1985

Isumuram850318s-.jpg

⇒ Isumuram at Elpi - 01.Sweat It Out - 02.Looking Up - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Elpi - 03.Down Upbeat - Casiopea Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 05.Frou Frou - Casiopea Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 06.Tears Of The Star - Casiopea Cover

⇒ Isumuram at Elpi - 08.Rodan - The Square Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 09.Fabby Dabby - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Elpi - 10.I'm So Excited - Marlene Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 11.Destination - The Square Cover 初演!

⇒ Isumuram at Elpi - 12.Midnight Rendezvous - Casiopea Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 13.Take Me - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Elpi - 15.Domino Line - Casiopea Cover 初演!

⇒ Isumuram at Elpi - 16.Night.Dreamer - The Square Cover
          ~ encole ~
⇒ Isumuram at Elpi - 17.Asayake - Casiopea Cover 初演!
⇒ Isumuram at Elpi - 18.It's Magic - Marlene The Square Cover


1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
5回目のライブとなった、喫茶エルピーでの演奏です。
高知市の電車通りにあった宮地レコードの2階の喫茶店です。
あそこはライブもできるようになっていたんですね。懐かしいです。

1年先輩のリーダー、きんこさんが卒業されることになり、最後にどーんとライブをしよう、
ということでお店をお借りしたんだったと思います‥。いえ、記憶はすでにほぼありませんけど。
コンサートの名前は、「ハッピー・エンド・コンサート」です。

私と同学年のみぽりん(当時もその後も私は彼女のことをそう呼んだことはありませんが、
その後の彼女の職場ではそう呼ばれたらしい‥)も、
4回生になったら就職活動もあるし、バンドなんかやってらんないわよ(と言ったかどうかは
分かりませんが‥、いえ、言ってないと思いますが‥)、バンドから離れることになりました。

このときのライブでは初演奏(つまり、最初で最後)の曲も多数あり、さらに、今までの曲も
全部やろう、てことで、全部で17曲ほどを一気にやりましたっけ。元気でしたね。

このときのライブを最後にキーボード2人が抜けて、その後は新たに2人のキーボードを迎え、
新生イシュミランになっていくのです。
私が参加させていただいた年のバンドを第2期とすると、第3期になっていくわけです。

そんな意味でも、第2期イシュミランの最後を飾る、思い出深いライブなのです。
そのくせ、写真は1枚もありません‥。

さて、このときのライブは演奏曲目が多く、何回かに分けてアップしようと思います。
まず、今回は1曲目から何曲かイってみます。
続いて、中盤の4曲を追加しました。(11/08)
さらに、終盤の3曲を追加しました。(11/10)
 ドミノラインでは、私のギターは間違いまくっていますが、他のメンバーの演奏が凄まじいです!
そして、ラストの1曲とアンコール2曲を追加しました。(11/13)
 Asayakeでは演奏中にメンバーの名前を紹介していましたので、その部分はカットしました。
 It's Magicが最後の曲になりましたが、さらに、その後の挨拶も収録しました。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram at Blue Sky Live '84

いつのころから自分は別人になったんだろ?あのころそこには別の自分がいた。
発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その5。
Isumuram at Blue Sky Live - Dec.7,1984



⇒ Isumuram at Blue Sky Live - 2.Sweat It Out - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Blue Sky Live - 3.Fabby Dabby - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Blue Sky Live - 5.Night Dreamer - The Square Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
4回目のライブとなった、軽音楽部”Blue Sky”の定期演奏会での演奏です。
事前に部内でオーディションがあって、選ばれたバンドがめでたく出演となりました。
県民文化ホールのグリーンホールでの演奏で、音は良いんです、音は。
晴れの舞台とあって、メンバーみんな、衣装もキメていました。そして、
めずらしく写真も多数残っているんです。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy

発掘した音源から、SOUの半生を振り返る!大学編、その4。
Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy



⇒ Isumuram for Popcon 1984 - Jealousy

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
唯一のオリジナル曲になります。というか‥。
1年先輩のリーダー、キーボードのきんこさんが、ポプコンに応募したいということで、
オリジナル曲を持って来られて、バンドのみんなでお手伝いさせていただいた、
そのような記憶がありますが、遠い昔の話なので、どこまで正しいのかは自信がありません。
ボーカルには、リーダーのお友達がバンド外から参加されましたが、軽音楽部の人では
ありませんでした。隣の部室のフォークソング部の人だったような‥、ああ、どこまで
記憶が薄れているんだろ。

録音されたカセットテープには、録音日が記されていないのですが、
第28回ポプコンのつま恋本選会が、1984年10月7日だったそうですので、
その予選に間に合うように録音されたのでしょう。いや、そのはずです。

ちなみに、その年の11月の学園祭のライブでは、トラベラーズの最後のギターソロで
このテープに収められているのとほぼ同じソロを弾いています。
ソロの使い回しかよ?いえいえ、せっかくのソロを無駄にしない、てことでしょうか。

そのポプコン応募用のテープが出来て、これはなかなか良いぞ、と自分では思ったのでした。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram at Live 113 '84

若かったあのころ、そこには、今の自分とはまるで別人の自分がいた。
SOUの半生を振り返る!大学編、その3。
Isumuram at Live 113 - Nov.4,1984

Isumuram841104s-.jpg

⇒ Isumuram at Live 113 5.Tears Of The Star - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Live 113 6.Travelers - The Square Cover
⇒ Isumuram at Live 113 9.Emergency - Naniwa Express Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたわけなんですが‥。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
3回目のライブとなった、大学の学園祭、その最終日の演奏です。
113教室という講義室でのライブだったのですが、なんと9曲もやっていたんですね。

発掘したテープを聞き返すまでは、完全に忘れ去っていた曲も多数あり、それらは当然、
今となっては弾くこともかないません。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。

Isumuram at Green Hall '84

若き日の自分は、今の自分とはまるで別人のように感じるわけです。
なんで、こんなに勢いがあるの、ねえ、ねえ?て感じです。

大学時代の音源を発掘しました。SOUの半生を振り返る!大学編、その2(3回生)。
Isumuram at Green Hall - May 4,1984

Isumuram840504s-.jpg

⇒ Isumuram at Green Hall 1.Looking Up - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Green Hall 2.Take Me - Casiopea Cover
⇒ Isumuram at Green Hall 3.It's Magic - The Square Marlene Cover

1970年代ハードロック命!なワタクシが、大学3年~4年のときは、なんと、
フュージョン・バンドに誘っていただきまして、当時大流行の、
カシオペア、スクエア、ナニワエキスプレスなどをやっていたのですよ。

 ◇ ◆ ◇

今回の音源は、そのイシュミラン(Isumuram)というバンドに参加させていただいて、
初ライブとなった、グリーンホールでの演奏です。

 ◇ ◆ ◇

あれから〇〇年、今でもハードロック命の私が、若き日に、ほんの短い期間接したフュージョン。
今、聞き返してみると、こんなに素晴らしいメンバーと共に若き日を過ごせたのかと、
感じるものがあります。
もちろん、アマチュアの大学生の演奏ですし、今の大学生はもっと上手なのでしょうけどね。

あのときのメンバーは、今、どこの空の下でどう過ごされているでしょう。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いしたいと思うのです。
sidetitleプロフィールsidetitle

SOUべえ

Author:SOUべえ
何かの弾みでやって来られた方、いらっしゃいませ。
わたくしSOU▲の、過去を振り返り、現在を見つめ、そして、未来を創造しようという日記です。
過去の日記も随時書き加えていきますので、上の記事が新しいとは限りませんです。
では、てきとーに見てやってくださいまし。

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleにほんブログ村sidetitle